新着情報

【院長ブログ】ホワイトニングの効果期間

2022.06.01

ホワイトニングの効果期間について

多くの方が持っている「歯を白くしたい!」という思い。この想いを叶えるためにホワイトニングをするのであれば、少しでも長く白い歯を保ちたいと思われるのではないでしょうか。そこで今回は、ホワイトニングの方法によって大きく変わる、ホワイトニング効果の持続期間についてご紹介します。

ホワイトニングの種類により持続期間は異なります

ホワイトニングの種類は、歯科医院で受けるオフィスホワイトニングとご自宅で行うホームホワイトニングの2種類。どちらを選ぶかによってもホワイトニング効果の持続期間は異なります。

オフィスホワイトニング

歯科医院で受けるホワイトニングがオフィスホワイトニングです。

数回の施術で効果を得ることができますが、色戻りしやすいため、ホワイトニング効果を保つためには定期的な施術が必要です。

ホームホワイトニング

ご自宅で行っていただくホワイトニングがホームホワイトニングです。こちらは、効果が現れるまでに時間がかかりますが、ホワイトニングの効果が長持ちしやすいのが特徴です。

※お口の状態によってオフィスホワイトニングとホームホワイトニングのどちらが向いているか、またどのくらいのペースでホワイトニングを行うかは変わってきます。その点についても、一度歯科医師としっかり相談しましょう。

オフィスホワイトニングの場合、持続期間は3〜6か月

オフィスホワイトニングの効果が持続する期間は一般的に36か月で、ホームホワイトニングよりも短いと言われています。また、色戻りも起こりやすく、効果をより長く持続させるためには定期的な施術が必要です。

しかし、オフィスホワイトニングは歯科医院で施術を行うため、使用する薬剤の濃度が高く短期間で歯を白くすることが可能。さらに、歯科医師や歯科衛生士が施術を行うため安心感が高いのもメリットと言えます。

近いうちに結婚式など大切なイベントが控えている場合は、短期間で歯を白くすることができるオフィスホワイトニングがおすすめです。

ホームホワイトニングの場合、持続期間は612か月

ホームホワイトニングでは、歯科医院で処方された専用のマウスピースを使って薬剤を塗布していきます。歯を徐々に白くしてくという特性のため、ホワイトニングの効果が出るまでに時間がかかってしまいます。

効果は薬剤の濃度によって変わりますが、1週間で白さが1トーンほど、効果が出やすい人であれば24トーンほどアップし、その効果が持続しやすいのが特徴。6か月~1年ほど歯の白さを持続できるとされています。また、オフィスホワイトニングなどに比べて比較的安価である点もメリットと言えるでしょう。

コロナ感染予防
対策特設ページ

Corona Measures

075-722-7339

お問い
合わせ

WEB予約